おすすめオンライン英会話の口コミ検証ブログ

ネイティブキャンプでカランメソッドを3ヵ月受講してみた

NativeCamp,ネイティブキャンプ,カラン,カランメソッド

 

2017年1月より、オンライン英会話のネイティブキャンプでレッスンを受けはじめて3ヵ月が経過しました。

 

その中で「カランメソッドってすごい!」と思ったので、その良さを伝えるべくレポートします。

 

ちなみに、ネイティブキャンプはオンライン英会話では珍しく定額制を行っている教室。

 

レッスンを受ければ受けるほどお得になるので、短期でガッツリ極めたいって人にオススメです。

 

ネイティブキャンプのポイントはコチラの記事にまとめてありますので、まず概要を知りたいって人はどうぞ〜!

 

まずカランメソッドとは何か?

さて、ネイティブキャンプを体験してきた話に戻ります!

 

が、その前に・・・今回受けてきたのはカランメソッドだということをお伝えしておきます。

 

カランメソッドというのは直接教授法という独自のレッスン方式。

 

通常のレッスンに比べて4倍のスピードで英語を取得できるなどと言われています。

 

カラン公式サイトに日本語の解説も載っていますが、ようは英語の上達力がケタ違いだと世界中で言われている勉強方法なのです。

 

そのため、他のオンライン英会話では教えられる講師が限られていたり、追加料金がかかったり、そもそも導入していない場合も普通にあるので注意です。

 

ちなみに、カランメソッドを受講している間の主なルールは以下の通り。

 

  • 先生からの質問は2回繰り返される
  • 回答はフルセンテンスで(Yes, Noで終わらせず、質問文をくっつける形で回答する)
  • 短縮形を使う(I am = I’m など)
  • テキストなどは見ずに回答する(リーディングパート以外)
  • 生徒は回答のみに集中、質問はのちほど

 

カランメソッドではこんな感じのルールにそって、「質問→回答」の繰り返しが通常の会話よりも早いスピードで行われていきます。

 

だから、カランメソッドは認定校でのみで行われていて講師も研修を受けた講師に限定されており、レッスン可能な教室は他の英会話スクールよりも割高。

 

ま、そのあたりが実はお得にできちゃうから、ネイティブキャンプはオススメなんですけどね(笑)

ネイティブキャンプでカランメソッドを受講する場合の料金や支払いについて

カランメソッドは通常よりも割高な受講料になることが多い。

 

私が使ったネイティブキャンプでは、通常は月会費さえ払って講師のスケジュールが空いていればレッスンが受け放題。

 

ですが、カランメソッドだけは予約が必要になります。

 

予約にはコイン(1レッスン約200円)が追加で必須なので、どれだけ受講するかにもよりますが200円から数千円の追加料金がかかります・・・。

 

ただし、最初のうちはキャンペーンなどでコインを沢山もらえる。だから、わざわざ有料でコインを買うことなくレッスンを受けられました!

 

便宜上、ネイティブキャンプ側もカランメソッド受講の場合は追加料金がかかることを知らせてきますが、個人的にはそこまで過敏になる額ではないのかなと思います。

 

だって、あのカランメソッドが缶コーヒーくらいの値段で受けられるんだし、キャンペーンでもらえるコインで実質は無料ですからね。

 

ネイティブキャンプ公式HPを見てみる

カランメソッドのテキストはネイティブキャンプ独自のもの

NativeCamp,ネイティブキャンプ,カラン,カランメソッド

 

受講料の他に必要になるのはカランメソッドのテキストのみ。紙、またはアプリ版がありましたよ。

 

ちなみに、テキストはネイティブキャンプ独自のものではなく、カランメソッドに共通して必要なもの。

 

(つまり、万が一ネイティブキャンプに飽きたときもテキストは使いまわせる・・・!笑)

 

購入する時は、カランメソッドのテキスト専用サイトに行きユーロ建てでの支払を指示されます。

 

オンラインショップで外貨での購入経験がないと少し難しく感じるかもしれませんが、カラン公式サイトに方法が丁寧に記載されているのでぱっと見の印象よりも簡単でした。

 

ちなみに、カランメソッドのテキストはレベルにあわせて1から12まであります。

 

ネイティブキャンプでは最初にレベルチェックを行い、どのテキストから始めるかは先生が決めます。

 

私はステージ2からのスタートで、40レッスンぐらい受けると次のテキストに進み現在はステージ4になりました。

 



ネイティブキャンプでカランメソッドを受講した場合のレッスン内訳を暴露!

ネイティブキャンプは1レッスン25分。

 

私が受講してきたカランメソッド1回分のレッスンは、以下のような内容で構成されています。

 

  • 最初の10分 Revision(前回の復習)
  • 次の10分 New Work(新しい内容)
  • 最後の5分 Reading(テキストの音読)

 

Revisionでは前回のNew Workでやり取りしたのとまったく同じ質問を繰り返されます。これにより、同じ質問文に対して回答を3回ぐらいすることになります。

 

New Workではただ質問されるだけでなく、新しい単語や文法が出てきたら先生がまず解説をしてくれて、そのあとPractice(質問&回答)に入ります。

 

Readingパートですが、上記の質問&回答をわざと少し遅れた回のタイミングで音読することになります。

 

なんとなく意味も分からず先生の言葉をなぞっていた時も、音読することによって「ここはこういう意味だったのか!」と理解することができます。

 

カランメソッドではこのように同じ内容を反復し音読することで、わざわざレッスン以外に自習の時間をとらなくても効果的に復習をすることができるため、忙しい社会人にはもってこいの勉強法じゃないかと私は感じました。

ネイティブキャンプでカランを3ヶ月受けてみた感想をまとめると

NativeCamp,ネイティブキャンプ,カラン,カランメソッド

 

カランメソッドをやっていていいなと感じた点は、スピーキングだといい加減になってしまう文法をちくいち指摘してくれるので正しい言いまわしを身につけやすいこと。

 

私の場合は、aやtheの冠詞、単数形複数形、前置詞の有無、時制による語尾の変化などについて、細かく教えてもらえたのが上達の近道になりました。

 

しかも、ネイティブキャンプの場合、カランメソッドで身に着けた言い回しをビジネスシーンを想定して応用することもできます。

 

ネイティブキャンプでは、カランメソッド以外にビジネス英語など他のレッスンもたくさん受けられますからね。

 

ネイティブキャンプはカランメソッドが破格で受講できることもメリット。

 

ですが、それ以外の他のレッスンも含めて総合的にみた場合でも非常にコスパのいいオンライン英会話でした。

 

 



次はこの記事がおすすめ!